2015年03月08日

検索結果上位に表示されるために欠かせない「SEO対策」

検索結果上位に表示されるために欠かせない「SEO対策」

SEO対策とは

インターネットでクリックされるページは、検索順位の上位ページが大半です。検索ワードによっても異なりますが、検索結果の1位と2位のクリック率の差は約2倍とも言われています。当然、3位、4位と下位表示になればなるほど、クリック率は大幅に下がってしまいます。

多くのユーザーに見られる状況を作り出すためには、検索結果の上位に表示される工夫をしなければなりません。これをSEO(Search Engine Optimization)対策といいます。

検索エンジン(Yahoo!やGoogleなど)の検索結果は、WEBページに記載されている
キーワードに応じて表示されますが、表示順位は各検索エンジン独自のルールに基づいて決められます。

具体的なSEO対策

  • 適切なキーワードの選定
  • ページ内でのキーワードの使用
  • より多くのサイトにリンクしてもらうこと
  • サイトの更新頻度を高めること など

ここで、一番多く耳にする問題点とその理由を解説しましょう。

<キーワードを多用しても上位表示にならない!>

そもそもキーワードの選定が間違っている場合があります。キーワードを選定する際にビッグキーワード(検索数が多いキーワード)を狙っても、そのキーワードに対してSEO対策を行っている競合他社も多いため、上位表示を実現することは非常に困難です。

また、どうしても資金力のある企業が優位に立つ傾向にあります。さらに、検索エンジンの表示順位を決めるルールは常に改良されており、

頻繁に変更が加えられるため、その度に表示順位が変動してしまいます。検索結果で上位に表示されるよう、どの企業も必死になってSEO対策をしているのが現状です。

SEO対策を専門に行うSEO業者もあるほどですから、独自で頑張って対策を施して、いったんは上位に表示されたとしても、数ヵ月後には下位表示されてしまう、という悲しい結果もあります。

では、どうしたらよいのでしょうか?

解決方法はあります。この窮地を救うのがロングテールSEO対策です。

セミナーのお知らせ

ページトップ