パーソナルブランドはなぜ必要?/パーソナルブランドとは、環境要因や価格に左右されることなく、「この仕事はあなたでなければならない」と顧客から選ばれる力のこと。

「今は仕事が回っているが、2年後、3年後にはわからない…」という不安を抱えている個人事業主・中小企業は少なくありません。一方で「今までは経済状況が悪かっただけで、景気さえ回復すれば好転するはず。景気が悪い今は、どうしようもない」と環境に原因を求めてしまう側面もあります。

しかし、本当にそうなのでしょうか?
不況が続く世の中であっても、成功している人はいます。仕事が舞い込む成功者は環境に左右されません。価格を値切られることもありません。また、顧客の満足度が非常に高いため、紹介や口コミはあっという間に広がっていきます。さらに、たとえ何ヶ月でも顧客はずっと待っていてくれるのです。

その理由は、「その人でなければならない付加価値」を持っているから。
裏を返せば、「あなたでなければならない」と言われる力を持つことができれば、環境や価格の影響を受けることなく、永続してやりたい仕事が舞い込む状況を生み出すことが可能なのです。

さらに、それは特殊な能力や経歴を必要とするものではありません。なぜならパーソナルブランドの構築は元々お持ちの強みを軸としたもの。あとは、強い決意ひとつで実現することができるのです。

ブランドとは?

「ブランド」と聞いて、高級ファッションブランドなどを思い浮かべる人も少なくないはず。価格が高額であっても、人々がそれらのかばんや財布を購入するのは、それらにしかない魅力に魅了されているからです。「高級ファッションブランド」だけではなく、「ブランド」を持つものは日常にあふれています。

例えば、関西の外資系の某テーマーパークは開業翌年から客足が衰えましたが、2011年度からV字回復を見せました。その秘密は、東京のテーマパークと似通っている「映画専門のテーマパーク」というコンセプトから、「映画を軸とした世界最高のエンターテイメントを集めたセレクトショップ」という固有の立ち位置を確立し、日本国内の人気キャラクターとのコラボレーションなど、他にない魅力を打ち立てたことでした。

営業いらずの「顧客獲得度」診断/質問にお答え頂くだけで営業なしでやりたい仕事が舞い込む「顧客獲得度」を調べることができます。

診断する

ページトップ